補助金や助成金でキッチンリフォームを激安にする方法!
補助金は早い者勝ちなのでお急ぎください!

「キッチンリフォームを少しでも安くしたい。」

そんな方におすすめなのが

補助金(助成金)を有効活用することです!

 

条件が合うとなんと

工事費用を9割も負担してもらえる場合もあります!

 

【キッチンリフォームの相場費用】
キッチンリフォームの費用相場は50から149万円です。

 

補助金を利用して工事費用の9割を負担してもらうことができれば・・・

 

キッチンリフォームの費用が

100万円の場合9割負担だと自己負担額は10万円だけです!!

 

知らないと損するので、補助金制度について解説します。

こんな方におすすめ
・補助金(助成金)について知りたい
・補助金に詳しい優良業者を知りたい
・キッチンリフォームを激安で行いたい

>>補助金に詳しいリフォーム会社を探す

キッチンリフォームの補助金制度を探す!

①国の補助金制度を利用する

国の補助金制度は国土交通省が主に管轄しており、電話やインターネットから情報を得ることができます。

国の補助金制度

・バリアフリーリフォーム
・省エネリフォーム
・長期優良住宅化リフォーム

など

最大300万円の補助金を受け取ることができる場合もあります!

 

国の補助金制度を受けるには着工前に申請が必要です。

 

また、予算が上限に達すると締め切られてしまうため早めにキッチンリフォームの見積もりを取り事前申請することをおすすめします。

>>補助金に詳しいリフォーム会社を探す

②地方自治体の補助金制度を利用する

キッチンリフォームで受け取れる補助金は地方自治体により異なります。

 

そのため、補助金が受け取れるか調べるときは「キッチンリフォーム世田谷」など自分の住んでいる地域の名所で検索してみてください。

>>補助金に詳しいリフォーム会社を探す

③介護保険を利用する

工事条件の他に要介護や用支給と認定された方がいる住宅の場合条件を満たせば補助金が最大20万円支給されます。

介護保険が適応される工事の例
・手すりの取り付け
・段差解消
・滑り防止や移動円滑化のための床・通路の材料変更
など

キッチンリフォーム工事を行う前に事前申請を行わないとキッチンリフォーム後に補助金がもらえません。

 

他にも補助金の申請には注意点があるのでご紹介します。

補助金を申請をするときの注意点!

①自治体によっては補助金制度がない
②各自治体によって補助金の内容や額が異なる
③補助金は早い者勝ち!

仮に条件があい補助金を受け取れることがわかったとしても・・・

 

補助金は早い者勝ちなので、助成金額の上限に達したら受け取ることができません(>_<)

 

更に、補助金の申請をする前にキッチンリフォームがいくらぐらいかかるのか見積もりを取る必要があります。

 

自力で補助金のことを調べると難しい用語だらけで

「補助金が受け取れるのかわからない。」

という声をよく耳にします。

 

正直、プロか根気のある人ぐらいにしか市区町村の補助金が記載されているホームページは解読できません。

 

苦戦せずに補助金に詳しいキッチンリフォームの優良業者に無料で見積もりを依頼する方法をご紹介します。

補助金制度に詳しい優良業者にキッチンリフォームを依頼する方法!

ズバリ!!

一括見積サイトの「リショップナビ」を利用することです。

リショップナビは業界NO.1

優良業者のみを全国で1500社以上取り扱っています。

 

万が一工事のミスがあった場合再工事が可能な「安心リフォーム保障制度」がついるので利用者数が15万人を超えています。

 

リショップの見積もりはとっても簡単!

①見積もり依頼

②カスタマーサポートから電話でヒアリング

③条件になった優良業者を複数紹介

 

「リショップナビ」なら補助金に詳しい相談員による補助金相談や工事の内容の相談なども可能なのでわからないことは電話で相談しましょう!

 

厳しい審査にクリアした優良業者!

>>今すぐリショップナビに相談する

補助金の申請前に必ず3社以上の見積もりを取りましょう!

 

補助金を受け取るに申請の前見積もりを取る必要があるため、慌てて地元や家を建てた時のハウスメーカーや工務店、リフォーム業者に依頼しますがこれはやめましょう。

 

やめた方がいい理由は以下の通りです。

①悪徳業者化優良業者かわからない
②中間マージンが20~30%かかり損する
③補助金に詳しい業者かわからない

 

自力で調べたリフォーム業者に依頼し損しないためにも、「リショップナビ」で補助金に詳しい優良業者を3社以上相見積もりしてもらいましょう!

 

3社以上見積もりをするメリット
①相場観がわかる
②最安値業者がわかる
③自分に合った業者を選ぶことができる

 

リショップナビで3社以上の合い見積もりを取ると最大50%も安くなることがあります。

 

「リショップナビ」は最大5社まで見積もりを取ることができるので自分にとって一番良いリフォーム業者を選びましょう!

 

補助金は早い者勝ちなので、先延ばしにしてしまうと補助金制度が締め切られてしまうこともあるので早めに見積もりを取ることをおすすめします。

 

↓補助金制度に詳しい優良業者に依頼する↓

>>補助金に詳しいリフォーム会社を探す